いよいよ梅雨が明けました。これからの養生はどうすればいい?

いよいよ梅雨が明けました。これからの養生はどうすればいい?

ようやく梅雨が明けました。

とたんに気温もぐんと上昇!

梅雨の間は湿度が高く「湿邪」対策が必要でしたが、

本格的な夏が始まると、

対応や対策も変わってきます。

 

 

昼夜を問わず蒸し暑くなり、熱帯夜も続きます。

この気候の影響は私たちの体にも大きく影響します。

 

暑さの邪は「暑邪」といい、体力が低下している人や、元気不足の人は

体調を崩してしまう大きな要因となってしまいます。

 

気温の高さや湿度により、体の中に熱がこもる

「暑邪」は炎熱、上昇、発汗の性質を持っているので

身体は毛穴を開いて、汗を出す。

適度な汗は老廃物を排出し、体温を調節する

けれど、過剰な汗は気・血・水を消耗し、疲労させる。

それが続くと「夏バテ」になってしまう。

 

 

 

夏こそ体調管理には注意しましょう。

そのためには以下のことを心掛けるようにしてください。

☆遅く寝ても早起きしましょう

だらだらと寝ていては「気」のめぐりが悪くなります。血も水もこの「気」が動かしています。

☆冷たい飲食は控えましょう(特に夏は)

体の外側は陽気いっぱいで熱をもっていても、お腹の中には「陰気」があります。

冷たいものを食べたり飲んだりすることで、腹中はさらに冷えてしまいます。

☆たまにはしっかり発汗しましょう

エアコンが普及しているため、暑い夏でもほとんど汗をかかない人が増えています。

時々はしっかり汗をかくことで、体の老廃物を外にだしましょう。

 

漢方薬には夏バテ予防に効果的なものもあります。

 

お問い合わせはこちらです。